インプラント|住吉区の歯医者・小児歯科|いしだ歯科・小児歯科クリニック

〒558-0033大阪府大阪市住吉区清水丘2-30-3 ZIOⅧ清水丘 1F

TEL06-6678-0822

WEB予約
ヘッダー画像

インプラント

インプラント|住吉区の歯医者・小児歯科|いしだ歯科・小児歯科クリニック

インプラント治療をご検討している方へ

インプラントのイラスト

インプラント治療における重要な点は歯科医院選びとその後のメインテナンスです。
インターネット等で低コストに抑えた広告等もよく目にしますが、手術を伴いまた自費診療であるインプラント治療においてはしっかりと時間をかけ慎重に医院選択をしていただきたいと思います。
院内環境としてCTの設置の有無、また熟練した歯科医師、それをアシストする専門の衛生士の在籍の有無も重要です。またインプラント治療は顎の骨の量にも大きく左右されます。そういった際に対応可能かどうかも重要な選定基準となります。

あなたのお悩みはなんですか?

このようなお悩みや症状がある方はご相談ください

  • 抜けた歯が気になる方
  • 入れ歯やブリッジを使用しているがよく噛めない方
  • 入れ歯に強い違和感がある方
  • 部分入れ歯などの金属バネ(留め具)が気になる方
  • ブリッジなどで健康な歯を削りたくない方
  • まるでご自分の歯で噛んでいるような感覚を得たい方
  • 入れ歯(義歯)などの影響で口臭が気になる方
  • 顎の骨が少ないと言われた
  • とにかくわからないから不安

最近でこそ多くの歯科医院でインプラント治療をされるようになりました。手術・自費診療といった面で患者さんが不安に感じられることは当然あるかと思います。どのような悩みでもお聞かせください。カウンセリングにて些細なことでもしっかりと親身に説明させていただきます。

当院のインプラント治療の特長

インプラント専門家による治療

当院では、安心してそして安全にインプラント治療を受けていただけるよう、万全の体制を整えております。国際インプラント学会の認定を取得している院長が手術を担当いたします。また全般的なアシスタント、フォローを「日本口腔インプラント学会専門歯科衛生士」が担当いたします。

ガイデッドサージェリーの使用で正確なインプラント治療

術前の診査・診断にて、インプラントの理想の位置をシミュレーションします。そしてそれを患者さんのお口の中で正確に再現せねばなりません。その一助となるのがガイデッドサージェリーです。手術時間の軽減にも役立ち、患者さんの負担も軽減させることができます。

骨が足りない、少ない症例にも対応

インプラント治療において、顎の骨の量は非常に重要な要素となります。骨が少ない方には再生療法により顎の骨の増殖を行います。

徹底した治療前のカウンセリング

インプラントをご検討されているということは、何かしらの理由によりご自身の歯を喪失されたということになります。
歯は天然に勝るものはありません。やはりご自身の歯が最も貴重でかつお金を払って戻ってくるものでもありません。もちろんご自身の歯を徹底して保存することに努めますが、抜かなければいけない事象も起こります。インプラント治療は‘良い’治療法ですが、なぜご自身の歯をなくされたのかをご理解いただき、メインテナンス、ケアの重要性をしっかりとご理解いただくことが、インプラントを末長く使っていただくことにつながると考えています。
私の施術させていただいたインプラントは、できることなら一生トラブルなく使っていただきたい。患者さんと思うところは同じです!

写真やレントゲンデータ、時には私(院長)のスケッチにてご納得されるまでご説明いたします

我々歯科医師がインプラント治療は良いですよ!ということは簡単です。しかし患者さんが深く理解し、納得され、本当にインプラント治療がしたいと感じられることが最も重要であると考えています。ともに悔いのない治療を提供させていただきたいと思います。インプラントができないと言われたことがある方もぜひご相談ください。(※いしだ歯科・小児歯科クリニックでは症例に応じて、その分野をエキスパートとされている歯科医師を紹介させていただくこともあります。)

インプラント治療の利点など

メリット

  • 周りの歯への負担がない
    歯が抜けてしまった部位に人工歯根を入れて、天然歯のような噛み合わせを回復します。部分入れ歯やブリッジのように周りの歯を削ることなく、単独で治療ができます。
  • 残っている歯に負担がかからない
    天然歯のように噛む力を顎の骨が直接受け止めるため、残存歯への過剰な負担を防ぐことができます。
  • 天然歯と同程度の強さで噛める
    インプラントと顎骨が結合するため、入れ歯などの義歯では味わえない天然歯に近い噛みごたえが期待できます。留め具などもなく、ご自分の歯と同様の感覚が得られます。
  • 見た目が自然で審美性に優れている
    歯ぐきから歯が生えている状態を再現できます。天然歯と区別がつかない自然な仕上がりです。
  • 骨の吸収を防ぐことができる
  • よく噛めることで認知症の予防となる

デメリット

  • 手術が必要で治療期間が長くなる
    顎にインプラントを埋め込む外科手術で、骨と結合するまでの時間も要するため、治療期間が長くかかります。
  • 自由診療のため高額になる
    健康保険の適用外で自費診療になるため、治療費が高額になります。
  • 治療が適応できないことがある
    糖尿病などの全身的な疾患や、顎の骨の状態がよくない方は、治療に制限がかかります。事前にご相談ください。また、成長発育中の子どもには適していません。インプラントは骨と結合するため、顎骨の発育に伴って骨の中に埋没してしまうためです。
  • メインテナンスが必要不可欠である
    インプラント周囲炎(歯周病)になるリスクがあるため、丁寧なブラッシングが必要です。インプラントは歯根よりも細いため、歯ぐきとの境目に段差ができやすく、汚れがたまりやすい部分があります。磨き方のコツを習得していただく必要があります。歯科での定期的なメンテナンスも必要になります。

インプラント治療の流れ

1.検査とカウンセリング

まずは、レントゲンや歯科用CTを使って、お口の状態を正確に把握することから始まります。CT検査ではスキャンしたお口の中のデータを3D化し、コンピュータ上で、埋入する部位の骨の状態(質、厚み、高さ)や血管の位置などを確認し、手術のシミュレーションを行います。この検査結果に基づいて最適な治療計画を立案します。内容はカウンセリングで丁寧に説明いたします。カウンセリングでは治療へのご希望やご不安などもうかがいますので、遠慮なくお話しください。

2.術前クリーニング

インプラントを埋め込む前に、感染症を起こすことがないようお口の中を清掃し、菌の数を減らしていきます。

3.インプラント手術

術式は手術を1回だけ行う1回法と、2回に分けて行う2回法があります。
手術ではもちろん麻酔を使用するため、痛みを感じることはありません。

1回法

インプラント体を埋める部位の粘膜を切開し、骨を露出させて専用ドリルで穴を開けます。そこにワンピースインプラントを埋め込みますが、ツーピースインプラントの場合には、インプラント体を埋め込み、同時にアバットメントを連結します。

2回法

インプラント体を埋め込む工程は1回法と同様ですが、インプラントはアバットメントが分かれているツーピースインプラントを使用します。インプラント体を埋め込んだ後、上部の穴にカバーを装着し、切開部を縫合して1次手術は終了です。
1次手術から数カ月経ったら(上顎は5カ月前後、下顎は3カ月前後が目安)2次手術を行います。2次手術はカバーの上の粘膜を切開し、カバーを除去して仮のヒーリングアバットメントを連結します。粘膜が治癒したら(約1カ月)本物のアバットメントを連結して終了です。

インプラントのメンテナンス

インプラントを長持ちさせるには日常の手入れと観察(メンテナンス)が大切です。清掃は歯科衛生士が専用歯ブラシなどを使用して指導します。また、定期的にかみ合わせの確認やレントゲン撮影をしてインプラント体の周囲骨の吸収状態などを診査します。装着後1カ月目、3カ月目、6カ月目、1年目と1年以内は短い間隔の期間でレントゲン撮影を行い、2年目以降は問題がなければ年1回のレントゲン撮影を行います。

歯科で行うインプラントのメンテナンス

  • 歯のクリーニング
  • インプラント周囲炎等の有無の診断(視診、触診、レントゲン検査、ポケット検査など)
  • インプラントの清掃法の再確認と指導
  • インプラントと歯ぐきの境目のクリーニング
  • 必要に応じて、人工歯を外しての確認と消毒清掃

当院では、精密な検査を行ったあとでそれぞれに最適な治療法の選択と説明をしっかりと行い、安心で安全な治療を提供することを第一に心がけています。

大阪市住吉区でインプラント治療をご検討されている方はお気軽にご相談ください。